FC2ブログ
.. ....
    ..

    ハルシオン 副作用・劇的に楽になる!・ハルシオンより効くお薬

    ハルシオン ・副作用
    脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

    副作用
    比較的安全性の高いお薬です。正しく服用するかぎり、重い副作用はまずありません。ただ、人によっては、翌朝に眠気やふらつき、けん怠感や脱力感などが残ることがあります。高齢の人は、転倒にも注意してください。特殊な事例ですが、一過性前向性健忘やもうろう状態、夢遊症状の発現が報告されています。服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜間起床時の行動を覚えていない、といった事態が起こります。仕事を控えた短時間の仮眠前の服用などは避けたほうがよいでしょう。とくに多めの量を長く飲み続け、体が薬に慣れている状態で急に中止すると、かえって眠れなくなったり、不安やイライラ、吐き気、震えなどの反発的な症状がでることがあります。中止するときは、医師の指示のもと徐々に減量するようにしましょう。また、自分だけの判断で安易に量を増やしたり、用法を守らず昼間に飲んだりすると、効きめが悪くなるばかりか薬に頼りがちになり、なかなかやめられなくなってしまいます。指示された用法用量を守ることが大切です。
    【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください 依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。精神症状..もうろう状態、異常行動、夢遊症状、興奮、取り乱す、幻覚(とくに、もともと精神障害がある場合)一過性前向性健忘..服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない、もうろう状態。呼吸抑制・炭酸ガスナルコーシス..息苦しい、窒息感、翌朝の頭痛、頭が重い。
    【その他】 眠気、ボーッとする、頭が重い感じ、頭痛。ふらつき、めまい感、けん怠感、脱力感。口が渇く長期連用で効き目が悪くなる。

     

    ハルシオン 副作用 うつ 更年期障害 適応障害 神経症 自律神経失調症 不定愁訴 パニック障害 不安神経症


     

     


     ①自律神経失調症は自宅で治す

    ②自律神経失調症は薬だけに頼らなくっても自宅で楽になります。

    ③自律神経失調症にはこの病院

    ④自律神経失調症一発で治るとしたら・・・

    ⑤病院で相手にされない自律神経失調症

    ⑥血行が良くなれば自律神経失調症が楽になります

    ⑦脳が支配している自律神経を安定させる方法

    ⑧自律神経失調症にはヨガのこのポーズが効く!

    心と身体が元気になるランキング

    2008/12/25 19:11 | その他1  

     | BLOG TOP |